千葉県の人材派遣会社クロテックのトップページ

  • 未来へING
 
 
 
クロテック全社員が受講できる研修!!(Excel講座)
2016-10-18
クロテックは、以前からお伝えしておりますが、
ITとの融合を考えております。

工場勤務の従業員が幹部社員への階段を上がった際に
まず躓くのは、OSの操作やExcelやWord、
パワーポイントの操作だと思います。

クロテックでは、全従業員に幹部社員なるための
ステップアップ(もちろん全従業員が幹部社員に
なれるわけではありません)の手助けをしています。

他の会社さんでは、「自分でExcelくらい学べ!!」
と突き放すそうですが、それも悪くありませんが
最初の部分は教えてあげたいですよね。

弊社では、最低年間8時間、レベルに合わせた研修を行っています。
この研修は全員受けることができます。
 
詳しい内容は以下を参照してください
https://www.kurotec.co.jp/publics/index/61/
 
クロテック マイクロソフト社とのパートナー契約完了!!
2016-10-10
クロテックは、マイクロソフトとのパートナー契約を締結しました。
 
なお、数か月後には数社の構築事例をそろえ、Silverコンピテンシーを満たし
Silverパートナー契約を締結予定です。
 
取手でのお仕事説明会!10月14日 取手センタービル 15:00~19:30
2016-10-10
千葉県各地に就業先をかかえているクロテックは、
茨城県の取手で仕事を探している人たちのために
以下の日程でお仕事説明会を実施します!!
 
茨城から外に出たいな!!という方も
弊社は稲毛区に寮があります!!即、入寮も可能です!!
 
東京は怖いな?と思う方は、まずは千葉県でいかがですか?


<開催日程と開催場所>
10月14日 茨城    取手センタービル3F         15:00 ~ 19:30
 
茨城県の牛久市でのクロテックお仕事説明会!!10月13日
2016-10-10
千葉県各地に就業先をかかえているクロテックは、
茨城県の牛久で仕事を探している人たちのために
以下の日程でお仕事説明会を実施します!!
 
茨城から外に出たいな!!という方も
弊社は稲毛区に寮があります!!即、入寮も可能です!!
 
東京は怖いな?と思う方は、まずは千葉県でいかがですか?


<開催日程と開催場所>
10月13日 茨城    牛久市生涯学習センター    18:00 ~ 20:30
 
クロテックIT事業部一カ月研修(半分の時点)の目次1~8
2017-02-02

研修ではどんなことを教えてもらえるのか?みなさん不安ですよね?

一カ月とか長いけど、放置されるのでは?と思いますよね?
クロテックは事業部長が自ら毎日8時間みっちり教えます!!
 
教えた内容を現在研修を受けている社員に目次化してもらいました。
参考にしてください。ちょうど半分の10営業日分です。
 
============================================
参考資料:インフラデザインパターン
※株式会社NTTデータ(2014)「インフラデザインパターン」技術評論社
 
 

p.25

  webサーバのセッションについて(ロードバランサーには種類が2つある)

   ・単純負荷分散

   ・セッション維持

 

p.35

  ライブマイグレーションについて

  HA(高可用性)

  FT(フォールトトレランス 正常に稼働させ続ける)

 

p.38

  ASICとは

  スイッチとは

  L2スイッチとは

  L3ができた背景とL3ができること。

  VRRPとは

  ハートビートとは

  ルーターを使った多段構成について

  NATとは

 

p.39

  VLANとは

  VPNの簡単な概要(大阪と東京の拠点をイメージして説明) 

  OSPFRIPの違い

  STPVRRPの違い

 

p.51

  アドバンストコピーとは(ETERNUSの紹介も含む)

  スナップショットはバックアップにならないことについて説明

 

p.61

  「縮退」の言葉の意味を知っておく

 

p.62

  スナップショットが流行ってきた理由(仮想化案件が増えてきた。

    大きな容量のストレージを安価で購入できる、データ量が多くなってきた)

  バックアップ製品の紹介(ARCserve、アクロニス等)

 

p.71

  SQLインジェクションとサニタイジングの関係

  マルウェアとは

  ポートスキャンとは

  ウェルノウンポートとは

  IPSIDSについて(構成図の例と共に。また7階層のどこで動いているのかを説明)

  WEBレピュテーションとは

  トレンドマイクロ IWSSIMSSの説明

  ボットとは

  C&Cコマンドとは

  WAFとは(シグネチャの説明も含む)

  UTMと次世代ファイアウォールとは

  IPSIDS(ホスト型、ネットワーク型)の説明

  MACスプーフィングとは

  DHCPについて(Windows Server 2012 R2 はレンジが被っても設定できる件)

  NAP2016は廃止になった)/NACについて

  ネットワークアクセス保護について

  UTMと次世代ファイアウォールの違いとは

  FWIPS/IDSISO参照モデルのどこまで見ているか(第4層まで)

 

※捕捉:セキュリティ製品の紹介

  sky-seaとは(操作ログも取得できる)

  秘文

  DLP(データロスプレベーション(data loss prevention))

 

※実践:ネットワーク構成図を書いてみる(ルーター、FW

             L3スイッチをどこに置くかわかっているかの確認)

 
クロテックIT事業部一カ月研修(半分の時点)の目次2
2017-02-08
p.85
ADFSとは
シングルサインオンとは
ケルベロス(kerberos)認証(TGT/TGSも含めて説明)とは

p.86
ADもシングルサインオンの一つであることを説明

※捕捉
ターミナルサービスとは
ターミナルサービスのライセンスについて(OSとは別扱い)
ネットワークレベル認証とは(従来のターミナルサービスの認証も含めて説明)
ライセンスサーバとは(接続デバイス数、接続ユーザー数)
ターミナルサービスを使う際のアクセス許可について
(リモートデスクトップユーザーに入れる必要がある)

XenApp
XenAppを使うために必要なサーバ(ライセンスサーバの話)
※ライセンスサーバはADサーバと兼任できない

※XenApp導入にはAD必須
XenDesktopとは
キオスク端末とは
 可搬媒体とは

p.95
サイジングとは
スケールアップ/スケールアウトとは

p.102
シェアードナッシングパターンとは
シェアードディスクパターンとは
オールフラッシュとは
IOPSとは

p.105
sorryサーバとは(アパホテルの中国人大量アクセスを例に挙げて)
sorryサーバはなぜ構築する必要があるのか。

※捕捉
SssS/PaaS/IaaSとは

p.107
同時実行数制御パターンとは(office365の導入時、トラブルの例も合わせて)
QoSとは

hostsとは
AD統合DNSとは
ADのプリンタ登録について
ドメイン環境とWorkGroup環境の違いについて
ADを企業が使う理由とは

p.112
ジョブとは
ジョブネットとは
バックアップ管理とは
ログ管理とは
構成管理機能(性能管理)とは
システム監視とは
SNMPとは
ポーリングとは
トラップとは
TCP/UDPとは
MIBとは
MIB2とは
プライベートMIBとは
 
クロテックIT事業部一カ月研修(半分の時点)の目次3
2017-02-08
p.113
  監視システムの製品例(ネットワークノードマネージャー(HP))

※捕捉
富士通エフサスとは
富士通サポートの連絡する形式について(専用のフォームや連絡体制について)

p.114
メッセージのフィルタリングについて

※捕捉
富士通の承認フローについて(レビューが何段階もある)

p.115
ジョブ管理について
ジョブの一元管理(SAPの説明も合わせて)

p.116
バックアップとは(LTO、テープ、DATについて)
D to Dとは
ログ保存の期間について(3年~5年)

※捕捉 
SLAとは

p.126
監視のパターン(検疫ネットワーク、ツール実行、エージェント導入)
各監視のパターンの説明

p.129
エージェントレスでの監視について(chef Ansible)

p.132
crontabについて

p.134
バッチの起動について(自動と手動)

p.136
NTPサーバについて
NICTとは

※捕捉
Authoritative Restoreとは(障害の例も含む)

p.137
アンチウィルスと時刻同期の関係について

※捕捉
樹系図について
FUJITSU Server PRIMERGY(プライマジー)について
見積もりについて(9パターンぐらい出す。高中低を提出するのがセオリー)
ホスト(汎用)コンピュータの値段が高い理由とは
REMICSとは
OSなどのEOSとは
Deepセキュリティとは
仮想パッチとは
トレンドマイクロは最近エージェントが必要(昔はエージェントレス)
富士通Operetor Managerとは
Serverview Raid Managerとは
Server Start(富士通のアプリケーション)とは
サーバの金額の話(RTX1210の具体的な値段等)
PPTPとは(復習)
IPSECとは(復習)
バックアップ3種類(標準的なバックアップ、
バックアップソフトを使ったバックアップ、RAID構成の場合のバックアップ)

p.141
設計方式について(構成図を自分で書いて実践)
ルーター、L3スイッチ、スイッチの違いについて(復習)

p.148
SANとは
NASとは
DASとは
RAIDとは

p.153
帳票サーバとは(非同期とリアルタイムの違い)
プリントサーバとは
BIツールとは

p.168
データ連携とは

※捕捉
ルーター、L3スイッチ、L2スイッチの復習(構成図を自分でホワイトボードに書く)
大企業だとUTMを使わない理由とは。
BCP対策とは(業務が止まらないようにするためにはどうすれば良いか
  →クライアントの要望に沿ってシステム設計をする必要がある)

※さらに捕捉
もう一度ネットワーク図をホワイトボードに書く
(1000人の企業を想定したネットワーク図。買い物サイトを運営している)

プロキシとは(メモリキャッシュ、ディスクキャッシュ)
プロキシの役割とは(セキュリティ面、キャッシュ機能)
FWの機能とは(NAT、透過モード)
IWSSをネットワーク内に組み込んだ場合の構成図をホワイトボードに書く。
(NATを使った場合)
 
クロテックIT事業部一カ月研修(半分の時点)の目次4
2017-02-08
参考資料:CCNAの本

デジタルとアナログとは
データリンク層とは(復習)
ブリッジとは
スイッチとは
フレームとは
 
p.23
ブロードキャストはブリッジを超えれるか?
ルーターとは(小田急線と京王線に例えて)
IP VPN
インターネットVPNとは

p.36
トランスポート層とは
セッション層とは
RPC(135ポート)とは
プレゼンテーション層とは
アプリケーション層とは

※捕捉
3ウェイハンドシェイクとは
OSI参照モデルを人間社会に置き換えて説明(理解度チェック)
ステートフルインスペクションとは
FTPのアクティブモード、パッシブモードについて
DHCPディスカバーとは(自宅にて確認)

※ADの教育の前置き
信頼関係とは(双方向、片方向)がある
コンテナとは
OUとは
サイトリンクとは
グループポリシーとは(有効 無効 未構成の違い)
ドメインを変えたい、しかし持っているファイルはそのまま保有したい場合
(ドメインが変わるので所有者も変更する必要がある)
DFSとは
移動ユーザープロファイルとは
SMBとは(SMBの規格が違うとお話ができない)
UACとは(UACをうまく使うことでユーザーに該当の機能を
  利用できるかできないか通知することができる)
DNSとは(どのように名前解決をしているか流れを掴む)
ADのトラブルシューティングについて(インプレースアップグレードを実施し、検証環境を作った話)
FSMOの機能を5つおさらい
配布グループとセキュリティグループの違い
ユニバーサルグループ、ドメインローカルグループ、グローバルグループの違い
dcpromoについて(2012から無くなった)
SDOUとは(サイト、ドメイン、OU、権限の強さ)
AGDLPとは(アカウント、グローバルグループ、ドメインローカルグループ、
  アクセス許可、アクセス許可の設定順)
ポート番号の見直し
現場作業時にローカルアドミンでしか作業できないときの対処方法について
ユニバーサルグループとは(ドメインを超えれる)
ダンプの設定の注意点
 
クロテックIT事業部一カ月研修(半分の時点)の目次5
2017-02-08
参考資料:Exam_70-640_Course_Manual.pdf

p.10
ADはスキーマ 構成 ドメイン 以上の3つの領域から構成される
 
p.11
3つの領域には何が格納されているか
アプリケーションパーティションとは
 
P13~15
グローバルカタログサーバーとは
ユーザープリンシパルネームとは
ユニバーサルグループとは(フォレスト全体の検索には
グローバルグループだと表示されない)
 
p.17
機能レベルとは(2000と2012は混在できない)
 
p.18~19 
ドメインとフォレストそれぞれに機能レベルがある

p.20
コンピュータアカウントのパスワード期限は既定で30日
 
p.21
ユーザーアカウントへの期限設定について

p.29
サイト間によるレプリケーションについて(ネットワーク設定が絡んでくるので注意が必要)

p.33
読み取り専用ドメイン(RODC)について

p.49
SYSVOLフォルダについて(グループポリシーのデータが格納)

p.55~57
ADの復元について
Authoritative Restoreについて

p.67
アプリケーションパーティションは「フォレスト/ドメイン」で分かれている

p.68
repadminコマンドについて(強制レプリケート。レプリケート停止もできる)

p.72
DNSエージングとは(デフォルトでは7日に1度古いものを
掃除してくれる。日程の変更可能)

p.78~79
グループポリシーとは(このページにある絵を覚えておく)

p.85~86
SDOUとは

p.89
セキュリティフィルタとは(セキュリティグループ単位でポリシーを設定可能)

p.90
gpresultコマンドとは

p.91
gpupdate /force とは

p.104
Default Domain Policyとは
Default Domain Controllers Policyとは

p.105
パスワードポリシードメイン全体にしか適用できなかったが、
2008からユーザー・グループに適用できるようになった
(2008ではADSIエディタを使っての設定だったが、
2008R2からGUIでの設定が可能になった)

p.107
ADSIエディタについて(ADの各パーティションの設定を変更することが可能)

p.111
ADオブジェクトの監査について(p113に設定例あり)

p.114
変更ログについて(イベントログに何を変更したか記録される)

p.118
AD RMSとは(たとえば、特定のメールを転送させないようにする等の制御をすることが可能)
AD LDSとは(ADの簡単な機能を持っている)

p.130
AD RMSのイメージ図

p.136
AD RMS利用時のイメージ図

p.144
AD CSとは(イントラ用の証明書発行)
 
クロテックIT事業部一カ月研修(半分の時点)の目次6
2017-02-08
参考資料:Windows_Server_2012_機能説明手順(クローニングなど)
竹島さん資料


windows serverのエディションについて(Datacenterとstandardの違い)
EssentialsのFoundationと違いについて
ライセンス体系について(プロセッサ数に対して支払う)

p.17
Hyper-Vレプリカがあるということだけ認識

p.26
ExcangeはADの何の情報を参照しているか?

p.29
フォレスト間の信頼関係とは

p.30
SYSVOLフォルダについて

p.37~38
IaaS、PaaS、SaaSとは

p.51
2012ではdcpromoが廃止された。

※[Active Directory ドメイン サービス構成ウィザード] が提供された
※ADDSDeployment 用の PowerShell コマンドレットが提供された
p.60にコマンドの例あり

p.63~65
ADの構築について(機能レベルに注意する。要件定義で大体決まっているはず)

p.68
ReFS(Windows Server 2012 の新しいファイル システム)を使う場合、
NTDSとSYSVOLの格納先には注意が必要

p.70
フォレストの構築時にエラーメッセージが出た場合、
内容を確認し完全にわからなければサポートへ連絡

p.78
2008ではスナップショットを使った復元はNG→2012で解決

p.85
インストールメディアを使ったレプリケーション方法もある

p.92
DCのクローニング手順
p.106
DCの降格手順

p.135
操作マスター(FSMO)の役割について(5つ)

p.138
SIDとRIDとは

p.151~152
2008でスナップショットを使った復元はなぜダメなのか理論が記載

p.157
ドメインパーティションには具体的に何が格納されいるか?

p.158
大量のユーザーを作成したいとき、どのような方法があるか記載

p.159
ユーザーアカウントの名前属性について(UPNやユーザーログオン名等)
ADFS(クレームベース認証)やドメインを越えるときはUPNを使う

p.170
TombStoneとは(廃棄済みオブジェクトの有効期間)
※復元を実施する際、この期間を越えていると復元できない
(デフォルトの期間が180日)

p.171
ごみ箱機能の進化について(2008→2012で変更有)

p.181
getコマンドとは(ADから情報を取得。Power shellを使う)

p.201
スターターGPOとは(テンプレートが準備されている)

p.213
SYSVOLフォルダはADDSのレプリケーション機能で複製されない

p.219
・クライアントコンピュータのwindowsファイアウォールは要件によって
 閉じるもの閉じないものが決まる。ネットワーク上に設置された
 ファイアウォールも当然要件によって決まる。

p.232
officeの制御もGPOで可能

p.237
ADRMSの処理の流れが絵で書いている
(p244~p245に閲覧が許可されないドキュメントの例が書いている)

p.272
ドメインの認証はUPNが使われている

p.278
フェデレーションサーバーの処理の流れが絵になって記載されている(参考程度)

※捕捉
ネットワーク上にFWを設置する理由とは(windowsファイアウォールで
クライアントPCは守られるが、ほかの機器(プリンタ等)を守るためには必要)
クライアントPCのFWをオフにする企業も少なくない。※本来は絶対ダメ。
→障害の際にこれがネックになり解決に時間がかかるケースが多いためなどであるが
セキュリティの観点からすると間違っている。
(運用コストがアップしてしまうという理由でOFFは本来NG)
VPNについて(本社のルーターを例に復習)
ルーターの多段構成とは

参考資料:Windows Server 2012 R2 Essentials構築・運用ガイド

p.12
資産管理について
機材管理について

p.17
セキュリティ対策について(セキュリティパッチ、FW/ウィルス対策、運用ルール)

p.19
ターミナルサーバーのライセンスについて

p.21~24
サーバ管理に必要な7つの項目について

p.29
NASとは(古いNASだとクライアントが新しいOSだった場合接続できないケースがある)

p.45
Windows Serverで出来ることとは

p.63
ファイルサーバについて(NAS、Windows Serverファイルサーバの違い)

p.65
アクセス権について(共有とNTFSの違い)
最近のNASはADと連携可能

p.66
新しいサーバにファイルコピーをする際は所有者に注意する必要あり

p.67
2008はバックアップが2TBまでしかできない
サーバ劣化するので5年サイクルでリプレイスしたほうが良い

※捕捉
定期的に再起動等メンテナンスを実施しないと、劣化の進行度が早まる

p.68
ファイルサーバ移行時の注意点とは

p.75
ファイルサーバ移行は専用のツールを利用することが多い
(捕捉:windowsのコマンドrobocopyはアクセス権もコピーできる)

p.130
ファイル重複除去機能について

p.172
アクセス権の手順について(「継承されたアクセス許可を
このオブジェクトの明示的なアクセス許可に変換します」と
メッセージが出てくるが、「このオブジェクト」は
これから格納されるファイルについて指している。)

p.184~185
シャドウコピーについて(バックアップから戻す必要がない。ユーザー自身で復元可能)
バックアップテープについて(お客さんごとのテープを格納するラックがある。)

p.195
リダイレクトとは

p.206
TPMとは(バックアップの際にこのキーワードが出てくる可能性あり)                           

※捕捉
ベネッセ事件はどういう運用であれば防げたか?(admin時間貸し)

※捕捉
設計(外部設計、内部設計、基本設計、詳細設計、方式設計)について

UT IT STとは
方式設計とは(要件定義をより掘り下げたもの。基本設計の前に行う)
<<株式会社クロテック>> 〒264-0025 千葉県千葉市若葉区都賀三丁目22番地9号 TEL:043-214-9630 FAX:043-214-9631